fc2ブログ
この3か月くらい、ずっと同じレシピの石鹸を使っています。

オリーブオイル      560g
グレープシード     140g
パームオイル       70g
パーム核油        70g

使い始めの時は「夏にはちょっと重いかな?」と思ったのだけど、気温が20℃を超えることがあっても全然重さを感じないし、しっとり感ももちろん抜群♪
だけど、ハンドメイド石鹸の「重さ」と「しっとり感」って本当に紙一重って感じですよね(笑)

この石鹸はオリーブオイルにカモミールをインフューズして、さらにトレース後にカモミールパウダーを大さじ2くらい入れたものです。
でも色がちょっと美味しくなさそうだったので(笑)ちょっとだけブラウンの顔料で着色。
個人的にはしっとしとする使用感とまったりとしたあいまいなブラウンがお気に入りです☆

ところでハンドメイド石鹸はとにかく溶けやすいのが特徴。
だからソープディッシュも水切れが良いものじゃないとダメ・・
で、初めはワイヤータイプのものを使っていたのだけれど、あまりに水切れが良すぎて(笑)下に石鹸の液が垂れて汚れてしまうので、今は側面が大きく反っていて水切れにもぴったりのキャンドルトレイを使っています。

水切れが良くて、シンプルでオシャレなソープトレイってなかなか見つかりませんね・・

54.jpg

最近暖かくなってきてストーブを消す時間が多くなってきたのと比例して、部屋の乾燥度がかなり低くなってきました。

で、少し前に作ったグレープシード入りの石鹸がやっと解禁になって使い始めたけれど、ちょっと重いかな・・と感じる今日この頃(笑)

だけど石鹸センセに教えていただいたこのレシピの石鹸を使い始めてから、ものすごく手湿疹がキレイになってうれしいのも事実。
でも暖かくなってきてからは、背中など油分が多いところに時々ニキビが出たりするようになってきているのよね・・

つまりワタシの場合、湿疹がある手とニキビができてしまう背中のどちらを取るか・・って感じで悩むところ・・

ネットでいろいろ検索してみると、みなさん季節によってレシピを変えた石鹸を使ったりしているようなので、それを参考にして近々少しさっぱり系の石鹸を作ってみようかな?と思っているのだけれど、手湿疹のことを考えると今使っているしっとり系のレシピも捨てがたいな~と、なかなか次の仕込みに入ることができません(苦笑)

手作りの石鹸を使い始めてほぼ半年。
冬にカサカサして痒くなったりすることも全くなく、長年悩んでいた手湿疹も完治は難しいかもしれないけれど悪化することも無くなりました♪


「手湿疹には優しく、背中にはニキビも出ない」

ついでに1年中使える!
そんな一石三鳥のレシピはあるのかしらん?(笑)

51.jpg

血族以外のお墨付きをもらってすっかりテンションも上がり、このところちょっと調子に乗って作っている石鹸ちゃん♪

この間作った自分用の「グレープシードオイル」入りと同じレシピで、翌日カモミールパウダーをたっぷり入れブラウンの染料でワタシ好みの「あいまいブラウン」に染めた石鹸を作ってみました(笑)
今回は思ったよりもずっとキレイにできたので、解禁日が待ち遠しいです☆

ところで2月の半ばに作った「ネトルリーフ」入りとマーブル模様の石鹸が、熟成期間の4週間が過ぎ先日解禁となったのですが、作った時もかなり微妙な色合いだったのがさらに渋さを増してしまい、ネトルリーフ入りのほうは「ものすごくマズそうなヨモギ餅」、マーブルのは「3年くらい賞味期限を過ぎたマーブルチョコ」のようになってしまいました(爆)

この2つの石鹸は妹と叔母が使っているレシピなので有無を言わさず全部2人に引き取ってもらいましたが(笑)、血族以外にプレゼントできる「デザインもの石鹸」をキレイに作れるようになるには、まだまだ修行が足りませんわね・・(笑)


46.jpg

一昨日作った石鹸は、少し前に石鹸センセのYさまからいただいた「グレープシードオイル」入りのすばらしくステキな石鹸のレシピをちょっとだけアレンジしたもの。

オリーブオイル      560g
グレープシード     140g
パームオイル       70g
パーム核油        70g

そして今日は、同じレシピでオリーブオイルにカモミールを3か月インフューズしたもので作り、トレースを待っているところです。

ところで先日石鹸作りをしたことがある友人から「マリコが作っているレシピってやけにバッチが大きくない?」と言われました(笑)

確かにネットや本に載っている定番のレシピはだいたい500g~600g程度のバッチ。
だけどワタシのレシピはつねに800g以上・・(笑)

その理由はこの容器にあります♪


44.jpg

これは100均で買った「割り箸入れ」のプラスチック容器なのですが、この容器は長さはかなりあるのですが幅がほぼ牛乳パックと同じなので、バッチを大きくすることで牛乳パックサイズの石鹸をたくさん作ることができるし、しかもフタ付で何度でも使える便利モノ♪
初めてこの容器で作った時はそのまま流し込んでしまったので石鹸を取り出すのに破壊する羽目となりましたが(笑)2回目からはクッキングシートを敷くことを学習しましたので何度も使うことができ、今では石鹸作りには欠かせないアイテムとなっています☆
石鹸はあくまでも「日用品だから」と、できるだけ刺激がないように香料や顔料を入れたりせずに作ってきましたが、血族に配布した(笑)実験用の石鹸の使い心地を聞くうちに、見た目がどれも同じなので「何番目にもらったものを使っているのかわからないわ~」と言われるようになり・・(苦笑)

で、見た目ですぐに判断できるように初めてマーブル模様の石鹸に挑戦してみました。

35.jpg

レシピはno.4の石鹸と同じ

オリーブオイル      300g
ラード           200g
パームカーネルオイル 200g
キャスターオイル    100g
ホホバオイル        5g(スーパーファット)

でも、若干トレースを待ち切れなかった気配で(笑)微妙なマーブル模様に・・
模様のある石鹸にするにはやっぱりちゃんとトレースを待たないとダメですわね。ほほ

そして少し前にネットで取り寄せていたので、もう1バッチはアトピーに良いというハーブ「ネトルリーフ」を入れてみました。
量は↑と同じレシピに小さじ2杯。
サイトにはもっと多い量を入れると書いてあったけれど、パウダー状になっているせいか?ものすごく濃い色が出てびっくりでした。
「ハーブ石鹸」と言うよりは完全に「よもぎ餅」みたいでびみょ~(爆)
でも、色が渋い分お肌に良さそうな気も・・?(笑)

38.jpg

« back | main | next »