FC2ブログ
やっと見ました「24 Ⅵ」。
シーズン4まではDVDを買いましたが、シーズンが少なくても8まではあるとわかり、前シリーズからはレンタルに・・(笑)
レンタルが開始された9月初旬から早4か月。
一気に見るためには相棒の長期休暇が必要なので、年末まで首が取れそうになりながら待ってました。

全体の感想ですが、今までと同じようにスリリングで最初から最後まで目が離せず面白かったです。
ただ、シーズンも6ともなれば次の展開がちょっと読める感じはあったかな・・と。
見ていない方のためにあらすじなどのネタバレは書きませんが、ちょっとだけ感想を。

・〇年間も中国に拘束・拷問されていたのに、いきなりあんなに動けるとはさすがジャック !
・今までは全く信用できなかったけど(笑)ジャックが言う「オレを信じろ」「約束する」は今回はちょっと
 信用できたかも?
・でも、やっぱり同僚の誰かは殺してしまうのね・・(苦笑)
・それにしてもドラマとはいえ、そんなに中国を敵視してもいいのですかね・・
・ジャックの弟役がERの〇〇〇とはちょっとびっくりで、どうかな~
 でも弱そうでずるそうな感じがジャックと正反対で良かったのかも?
・ほんとにチョイ役だったけど「ミレニアム」のフランク・ブラックの奥さんキャサリン・ブラック役のミー
 ガン・ギャラガー。久しぶりに見てちょっと懐かしかったです。
・「24」のホワイトハウスの人たちは、相変わらず人選ミスばかりだよね。
・「アリーMYラブ」や「NUMBERS」の役どころとはちょっと違っていたけれど、なかなかいい味だった
 大統領補佐官役の「ピーター・マクニコル」。実は密かにちょっとファンです♪
・テロ対策ユニットの「CTU」。 完全にセキュリティ甘過ぎ~(爆)

とりあえずそんなところかな。
何はともあれ、やっぱり面白かった「24 Ⅵ」。
次シリーズの「シーズン7」にはシーズン5で死んだはず?の頼れる相棒「トニー・アルメイダ」が復活するらしいし、やっぱり来年の秋のリリースが楽しみです♪
DVD_1.jpg

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL